足の臭い解消には保湿成分のない石鹸を

20121219164915-6様々な足の臭い対策を試したが、どれもイマイチ効果がないという方は、お風呂で足を洗う時の石鹸を変えてみるのが、良いです。

通常のボディソープなどよりも、石鹸の方が向いています。一般的なボディソープには、保湿成分が含まれていますが、肌の潤いを保つためには重要なのですが、足は保湿しなくても靴を履くことで多量の汗をかきます。足の雑菌の繁殖を抑えるためには、乾燥させることが重要なので、保湿成分が入っていない石鹸が効果があります。

一般的な石鹸よりも、足の臭い対策専用のものを使うとより効果的です。殺菌力と合わせて洗浄力がプラスされたものが良いです。

わたしはこのサイトで足の臭いを消す方法を調べました。

足の臭いを消す方法簡単

足の臭い対策に使う石鹸で必須なのは、殺菌力があることで、足の臭いはもともと足に住んでいる皮膚常在菌が過剰に増殖することで発生するので、この菌を殺菌することで臭いを抑えられます。

殺菌力の強い石鹸を選んだ時に注意したいのは、足以外の部分を洗うのには使わない方がよい、ということです。皮膚常在菌は増えすぎると臭いのもとになりますが、ある程度は皮膚を守るために必要な菌です。

足の臭いのもととなる雑菌の栄養源は、足の皮膚がターンオーバーする時に出てくる古い皮脂や角質です。足は歩くことで皮膚の表面に圧力がかかり、古い皮脂や角質が固まって溜まりやすく、通常のボディソープや石鹸ではなかなか落とすことができません。

洗浄力を謳う石鹸には、この固くなった角質を落としやすいように、柔らかくしてくれる成分が入っています。具体的には、サリチル酸や、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸などがあり、これらが、落としにくい足の皮脂や角質を洗い流す洗浄力につながります。古い皮脂や角質は、石鹸を使って毎日少しずつ落としていくが効果があります。

続きを読む

足の臭い消しに効果的な方法

SONY DSC
SONY DSC
足の臭いを消すためには、まずそのメカニズムを知ることが重要です。足の臭いの原因は細菌で、靴を履いた足は温度と湿度が高く、細菌が繁殖するのにとても適した環境になってしまっています。細菌が繁殖し、汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質を分解する時に、嫌な臭いを発生させます。

足の臭いを消す方法は細菌を繁殖させないようにする、細菌のエサとなる古い皮脂や角質をなくす、のこれらの対策を施せば、足の臭いは消すことができるのです。

細菌を繁殖させないようにする方法は、足をきれいに洗って細菌やを洗い流すことも重要ですが、日中、靴を履いている時に細菌を繁殖させないようにする工夫が大切です。細菌を繁殖させない対策としては、除菌スプレーがオススメです。足用の除菌スプレーには、足に直接スプレーもの、靴下にスプレーするもの、靴にスプレーするものの3種類があります。出かける前にスプレーしておくと、一定時間、抗菌効果が持続しますし、足に塗る除菌クリームや、抗菌効果のある靴下やインソールを使用するのも同様の効果があります。

足の臭い対策に、殺菌効果のない芳香剤や消臭剤を使っている方もいらっしゃる方もいますが、足の臭い対策には殺菌作用のあるデオドラント剤を選ぶことが大切です。

また除菌と制汗をダブルで行えるものであれば、足の臭いには高い効果が期待できます。足の臭い対策には、足を良く洗い、除菌スプレーをしたり、足に塗る除菌クリームをつけたりすることをおススメします。

続きを読む

足の臭い消しに効果的な物

Long Woman Legs isolated on white. Depilationミョウバン水には、殺菌作用、制汗作用があり、 殺菌作用で臭いを作り出す菌を殺し、制汗作用で菌のえさが増えるのを抑え、足の臭いを消してくれます。ミョウバン水スプレーの作り方は、ミョウバンは、スーパーやドラッグストアで売っています。生ミョウバン、焼ミョウバンと種類がありますが、どちらでも大丈夫です。水道水を準備します。ミネラルウォーターだと腐敗が早まってしまうことがあるため、塩素の入っている水道水がよいです。スプレーボトルは、100円ショップなどで売っています。

スプレーボトルの中に水とミョウバンをいれます。 割合は、  水:ミョウバン=150:1、ミョウバンを入れたら蓋をして、ボトルを振り、冷暗所で1〜3日置きます。最初は水が白濁しますが、そのまま置いておくとミョウバンがしっかり溶けて、水も透明になります。透明になれば完成です。

ミョウバン水スプレーの使い方は、 清潔な状態の足に直接スプレーします。スプレー後は自然に乾燥するのを待ってもよいですし、タオルなどで軽く拭き取っても構いません。

また足の臭い対策で、肌に直接使用するタイプの商品に、消臭効果をうたったフットクリームがあります。フットクリームには大きく分けて2種類あります。

㈰菌のえさとなる汗を抑えるものと、㈪バクテリア(細菌)を中和するものです。菌のえさとなる汗を抑えるものには、 いわゆる制汗デオドラントの商品で、毎日お出かけ前に使用するタイプです。もう一つがデオナチュレ薬用足指さらさらクリームが、足の臭い消し対策に効果的です。

続きを読む

足の臭いの消し方について

gatag-00006525足が臭くなる原因は、足の汗が靴などによって、蒸れて、雑菌が繁殖することによって足が臭くなります。足の臭いの消し方はまずは何と言っても足をきれいに洗うことです。清潔に保つことが重要です。足をお湯につけて十分吸収させます。シャワー派の人は他のところ洗ってる時に洗面器にお湯をためて、足を入れます。

次に足をお湯から出して洗います。固形石けんがおすすめで、洗い方としてはまずゴシゴシ洗うのではなく、優しく洗う方が良いです。臭いからって力を込めると逆効果になりますので、注意して下さい。丁寧に全体を洗うことが大切で、指と指の間を注意してキレイに洗います。

足をよくキレイに洗ったらしっかり乾かすことで、タオルでよく水気を拭き取ります。水気を取らないと菌が繁殖して臭いの原因になってしまいます。

また足をよくキレイに洗う事と、毎日履いてる靴からも臭いは生じますので、靴の対策も必要です。用意するのは、重曹と使い古しのストッキングです。重曹少々を使い古しの靴下かストッキングの中に入れ、口を結んで、臭いの気になる靴の中に入れて一晩置くと、靴の臭い臭いがとれます。

重曹は靴だけではなくて足の臭い対策としても使えるので凄い便利なアイテムです。足を洗うときの、最初のステップのお湯に足を浸すところで、重曹をお湯の中にいれれば効果もあります。

足の臭いは5本指ソックスでさらに軽減できます。 普通の靴下と違って、5本指ソックスだと全ての指が包み込まれるので汗を吸収しやすいので、臭いの対策になります。

続きを読む

足の臭いは靴にこもる汗や細菌、乾燥させて清潔にすることで気にならなくなります。

フリー素材鼻ヨガ教室に通うようになってから、足の臭いには特に注意しています。ヨガは裸足で行い、足裏や足指を丁寧に手を使ってもみほぐしますから、自分だけでなく他の人にまで足の臭いがぷ〜んと臭ってしまわないかと気にしています。足の臭いの主な原因は、水虫や細菌でヨガやスポーツジムに通っていると、浴室やロッカー室など、どこで拾ってしまうか解りません。水虫の真菌は24時間以内に洗い流すと移らないと言われていますから、毎日シャワーを浴びて足の裏を丁寧に泡立てて洗っています。細菌は汗をかいてこもった靴の中で繁殖しやすいので注意しています。多汗な方なので手足にまで汗をかきやすく、通気性の悪い靴ではこもっってしまうので夏場はサンダルや踵があいている靴にしています。普通の靴は2足用意して、臭いがこもっている時は消臭スプレーをして乾燥させてるようにして交互に履いて行きます。バックの中に靴下も入れておき、汗をかいた日やヨガ教室のある日には履き替えるようにしています。

冬場のブーツは汗をかきやすくむれるので、臭いが出やすいですよね。久しぶりにブーツを取り出すと、臭いがすることがあり、シーズンが終わったらしっかり手入れをしてしまうようにしています。乾燥剤を底に入れて新聞紙を棒状にして差し込んで置きます。靴箱の中に炭を入れておくとさらに消臭効果があります。下駄箱にも小さな籠に炭を入れて置いておくと玄関に靴の嫌な臭いが消臭されますよ。私の場合は、こうして靴のムレを注意することによって、足の臭いがほとんど気にならなくなっています。

続きを読む